消費者金融の審査でこれだけは絶対にやっちゃダメな事!

女性と消費者金融について

 

消費者金融の審査でこれだけは絶対にやっちゃダメな事!

昔は、男性が働きに出て女性は家庭を守るというのが一般的でしたが、現代ではもうその考え方はとても古いです。男女共働きなど当たり前ですし、そもそも女性は晩婚化が進んでいるため、なかなか結婚しないというのが現実です。

 

そうなってくると、女性が自分で起業して仕事を始めたり、そうでなくても自分のためにお金を使ったりなど、女性がお金を使う機会というのがとても増えました。だからなのかもしれませんが、それに比例するように、消費者金融を利用する女性というのも、右肩上がりで増加傾向にあります。つまり、今の時代は、男性だけではなくて女性も、消費者金融でお金を借りる時代になったということです。

 

その証拠に、今の消費者金融では女性に特化した女性向けのキャッシングやカードローンというのが存在しています。これは、女性がより消費者金融を利用しやすいようになっているもので、レディースローンなどと呼ばれています。昔より今のほうが女性にとってお金を借りやすくなったということは、今後もますますこの傾向は強まると私は考えています。それが良いことなのか悪いことなのかを判断することはできませんが、消費者金融はそういったニーズに対応しくことが大切だと私は思っています。

消費者金融会社のサービスを利用する

 

消費者金融の審査でこれだけは絶対にやっちゃダメな事!

消費者金融会社では様々なサービスを提供しています。個人向けの小口融資としてはキャッシングやカードローン、目的別ローンとしては不動産ローンや自営業者ローンなどを取り扱っており、女性向けサービスとしてはレディースローンを用意しています。また、消費者金融会社の中にはクレジットカード会社と組んで独自のクレジットカードを発行しているケースがあります。消費者金融会社で利用者からよく使われるサービスはキャッシングとカードローンです。

 

ネットや電話などで申し込むことで利用出来るようになる個人向けの小口融資のことであり、満20歳から満65歳ぐらいの一定収入のある者が対象になっており、消費者金融会社の中には年齢上限を満69歳ぐらいまでに広げている所もあります。消費者金融会社で象徴的である物に無人契約機があります。無人契約機には消費者金融会社のコールセンターと繋ぐために、カメラやATMやスキャナーなどが設置されており、無人契約機を通してキャッシングやカードローンの申し込みが出来るようになっています。

 

近年ではコンピューターによる審査を導入しているため、スピード審査が可能になっており、短時間で即日契約・融資が出来ます。利用者とコールセンターのオペレーターは設置されているカメラと画面とマイクを通して対面・会話が出来るようになっており、本人確認書類もスキャナーでスキャンしてオンラインで送ることが出来るようになっています。